ソーラーバルーンをダイソーのゴミ袋で作る!

ブログ
スポンサーリンク

ソーラーバルーンの作成

子供の冬休みの工作でソーラーバルーンを作ってみた。

ダイソーのゴミ袋でソーラーバルーンを作る

ネットを検索すると色々な計算式やバルーンのキットの販売がありますが、小学生の工作なのでとにかく作って見ます。

 

材料など

 

ゴミ袋(ペール用45L 20枚 110円)※厚さ0.013以下の薄い袋を見つけましょう。

粘着テープ(DCMブランドの安価なテープ(薄いもの))

係留用のヒモ(釣り用のライン等)

 

準備する道具

カッターナイフ

テープスタンド(必須ではないがあった方が良い。)

ドライヤー又は布団乾燥機などの空気を送風する道具

ソーラーバルーンを係留するためのオモリ(ペットボトルに水を入れたもの等)

バルーンの温度を測定する、赤外線温度計などがあれば実験としても楽しい。

作り方

袋の片方を切断し4枚を粘着テープでつなぎ合わせた。

1 4枚を張り合わせる

2 角に、送風用の穴を開けて、送風口から空気を送る

3 ふくらんだところでテープでふさぐ。

 

飛んだ

東北の1月の外気温-2℃

直射日光がよく当たると浮き上がる。

外気温との差が必要なので、冬季の方が飛びやすいかも・・・。(計算式で得られない情報求む!)

注意事項

使用する黒色のゴミ袋は薄い物であれば、どちらで購入しても良いが、4枚の最小構成では浮き上がる事が難しくなります。厚さ0.013ミリ以下のポリエチレンゴミ袋を探しましょう。

小さいお子さんが制作する場合は、カッターで怪我をしないように注意し、刃物は大人が使用しましょう。

電線に注意し、風が強い日は実験は控えましょう。

 

制作で感じたこと

電熱線で接着する方法を試みましたが、接着不良とエア漏れで諦めました。

45L袋2枚では浮き上がることは不可能でした。

45L袋4枚をあわせたところ、直射日光で温められる事によって浮き上がりました。

45L袋6枚で作成すると、日光が弱くとも浮力は得られます。じゃあ8枚は?(レポートお願いします。)

バルーンに空気を送風する道具と準備が大変。(ドライアーは意外と膨らまない。)

 

 

 

 

コメント