CAPTAIN STAGのクーラーボックス保冷強化

アウトドア
スポンサーリンク

キャプテンスタッグのクーラーボックス保冷強化

安価で購入しやすいCAPTAIN STAGのクーラーボックスですが、保冷性能がイマイチって思ったことはありませんか?

ネットで、クーラーボックスの保冷性能をアップする改造が流行っているので、真似してみました。

現在もAmazonでも売られているクーラーボックスなので、これから購入する方に参考になればなお嬉しいです。

強化するクーラーボックスは7.7Lの500mlペットボトル6本用の小さなクーラボックスです。

最も使用する頻度が高く、ちょっとしたお出かけの際に一番活躍する小型クーラーボックスです。

断熱強化に使用する材料、道具

両面テープ

断熱シート(セリアで購入)

アルミテープ(ダイソーで購入した安価な奴)、セロテープ(仮止め用)

ハサミ、カッター、マイナスドライバー

 

それでは分解から

キャプテンスタッグのクーラーボックス分解

クーラーボックスの蓋と本体を切り離します。

画像はありませんが、蓋をあけてヒンジの欠込みのある方向へ引くことで、上蓋を分離できます。

引っかかりの爪はこの位置だけですので、片側ずつマイナスドライバーを突っ込んで外します。

発泡スチロールは8ミリ

発泡スチロールに両面テープを貼り付けます。

サイドと底面に。

底面に合わせて赤十字マークの様に切り取った断熱シートを底から貼り付けます。

細かいことは気にしません。チョコレート包にして切らないと言う方もいますが、厚みのある断熱シートなので角で切り取っています。貼り付けてから角をハサミでカットしても大丈夫です。

アルミテープを貼り付ける前にセロテープで仮止め。

角はアルミテープを貼り付けます。

下部完成。

元の外枠に戻し引っかかりをきちんとはめ込みます。

クーラーボックスの上蓋の分解

上蓋はさらに適当な断熱です。真ん中に8ミリの発泡スチロールだけで、周辺部は何もなし。

角はこんな感じに両面テープで貼り付けてからハサミでカットします。

細かいことは気にしない。

問題なく元通りにハマります。

引っかかり部分に注意です。きちんとはめ込みましょう。

一応動画も

スマホ撮影で縦で撮影した部分があり見にくい状態ですが、無いよりはマシと思いUPしました。

CAPTAINSTAGの小型クーラーボックスの保冷強化

 

 

 

コメント