ロープ末端処理:ウォールノットからのバックスプライス

ブログ
スポンサーリンク

三つ編みロープの末端処理の色々

三つ編みロープの末端を処理する方法は、下記のとおり色々とありますが、今回は4の編み込みで処理する方法を紹介します。

1 ビニールテープで末端を巻く

2 末端をライター等で焼き固める。(化繊のロープに限る。)尚、太いロープを焼き固めるのは困難となります。

ロープの末端処理(ライターで炙る)
ライターで炙るロープの末端処理 化学繊維系のロープのほつれ防止として、ライター等で炙り溶かす事でほつれを防ぐ事ができます。 あまりにも簡単なことなので、取り上げる方が少ないようなので、実際に末端を処理してみました。 1 ロープ...

3 糸で末端を巻く

4 編み込んで末端が解れないように処理する。

三つ編みロープを編み込んで末端を処理「バックスプライス」

最初に、三つ編みロープを解きます。解いたロープは色分けし下記のとおりとしました。

黒→①

赤→②

青→③

 

作業の際に、端部が解れないように紐で軽く結びます。

①を②と③の間に入れます。

②をロープ元方向へ折りたたむ。

③を①の輪に通します。

ここで、全体の形を整えます。

①を元のロープを乗り越えて入れ込みます。

③も一つ乗り越えて編み込みます。


端部の頂点がこの様に組み合わせている事を、確認しながら編み込みます。

入れ込んだ段階で、端部が解れないようにした紐は解きます。

ここからは順に編み込むだけです。

形を整えながら順に編み込むのがコツです。

2回編み込み。

3回めまで編み込み。

形を整え、たるんでいる部分を引っ張りながら全体を整えます。

 

説明用のロープは綿ロープの為、解れやすいですがバックスプライスを行いロープは端部を焼きまとめるとキレイな端部処理ができます。

 

ロープの末端処理「バックスプライス」

 

 

コメント