スノーボードブーツのソールが剥がれたので修理

DIY
スポンサーリンク

スノーボードブーツの底をボンドで貼付け

スノーボード用ブーツの底が剥がれたので接着剤で修繕してみた。

 

これまで、子供用の中古のスノーボードのブーツを数回オークションなどで購入したが、大手有名メーカーのブーツでもソールが剥がれた事が何度かある。

 

 

その度に接着剤で貼付けて修理し使っているので、お勧めの接着剤を紹介します。

 

最も入手しやすい接着剤として、コニシG17というものがあるが、素材と合わなかった際は直ぐに剥がれるトラブルが発生してしまいました。

 

 

そこで、この接着剤より強力でお勧めの接着剤はこちらです。

 

 

スノーボードのソールを全部剥がして貼り付ける場合は、片足で30ml程度は必要の様なので、多少高くても120mlを購入したほうが良いようです。

地元のホームセンターで120mlの品物は税込み1,700円ぐらいで売られていましたので、Amazonで購入した方がかなりお安く購入出来ます。

120mlのクリアでソフト、ハードありますが、衝撃でも弾力が有る方が剥がれないのではと考え、ソフトの接着剤を使用。

 

実際に修繕したブーツ

修理したブーツは、使用感のない中古品でしたが、2日滑った所でつま先が剥がれました。

 

 

本来であれば、ソールを靴から剥がし、接着剤を除去してソール全面に塗布するべきですが、地元のホームセンターに小さい接着剤しか売っていなかった為、つま先の剥がれた部分だけを25mlの接着剤で修理しました。

 

塗布後、丸一日ぐらい室内で乾かしたが、接着剤が完全に乾いていないような状態です。

 

 

剥がれた際の写真を取り忘れたのですが、ブーツを乾かしてから剥がれた箇所全体に上記の多用途接着剤を均等に塗布し、ビニールテープでぐるぐる巻にし固定しました。

 

テープを引っ張りながら、接着剤を塗布したソールが剥がれない様に貼ります。茶色い布ガムテープより糊が残らない荷造り用の透明テープがいい感じです。

塗布後、24時間ぐらい室内で乾かしたが、まだベタベタする感じなので48時間以上乾かしました。

 

 

最後にソール境目部分の隙間に、水分が入らないようにマスキングし接着剤を塗布しました。

 

今回修理したブーツを、3度使用しましたが、今の所キッチリと張り付いて居ます。

 

 

スキー用のインナーブーツのソールが剥がれたので接着修理してみました。

こちらは一度セリアのGPクリアで接着しましたが全くだめで、次にコニシ ボンド ウルトラ多用途S・U プレミアムソフトで修理したインナーブーツです。ちなみに結構年代物のジュニア用レグザムですがほぼ、未使用のやつを安価にてオークションで落札した物でした。

 

 

 

100均の接着剤で修理もしてみました。

スノーボードのソールをセリアの接着剤で修理
スノーボードのソールが剥がれたので修理してみた 前回、片方のソールが剥がれたので修理しましたが、もう片方のソールも剥がれかけていました。アマゾンで接着剤を注文しているうちにセリアになにやら気になる接着剤がありましたので、試しに購入してみま...

 

コメント