DIYでの屋根塗装

DIY
スポンサーリンク

5年毎に屋根の塗装(ペンキ塗り)

古いお家に住んでいるのでメンテナンスは欠かせません。1階部分の屋根の塗装は5~7年毎に自分で塗っています。

こちらは2014/10/02に行った下処理から塗装までの様子です。

築45年以上の屋根を、葺き替えなして維持しています。

塗料と用具

用意するもの

塗料(上塗り、下塗り)

DIYの場合でも耐久性の高い塗料をお勧めします。

ペイントうすめ液

付着が悪かったりサビの恐れがある場合は錆止め塗料

刷毛(大小それぞれ)、油性塗装用ローラー一式(万能用等の9インチ)必要な場合は7,6も

塗料を持ち運ぶバケツ(内容器付属型がお勧め)

事前準備と塗り方

注意:購入したらペンキの撹拌作業は必ず行う。

作業3日前に一斗缶の容器を逆さまにし沈殿している部分を入れ替える。

前日に缶を持ち上げ、缶内部の空気を利用し左右に空気を動かして撹拌する。(専用の撹拌機をお持ちの方は、1分程度撹拌すれば大丈夫)

塗料と溶剤が十分に混じったようなら容器の1/3程度いれてペイント薄め液で希釈し塗装する。

屋根は勾配があるため容器に並々と入れない。

命綱などで落下しないように注意し安全な作業を行う。

はしごから遠い場所から塗る。

 

塗装下地の処理

ドリルにワイヤーブラシを取り付けて塗装が厚いところと、剥がれそうな部分を除去します。

何度も塗り重ねているので、厚いところと剥がれた部分で表面は凸凹です。

手作業でワイヤーブラシやサンドペーパーで塗装面を削り付着しやすいようにします。

これが最高に辛い。60㎡程度の屋根に2日を費やしています。

瓦棒葺の部分は刷毛で先に塗ります。

使用した塗料:1液型エポキシ錆止塗料【水谷ペイント】エポックマイルド#1000

全面に下塗り(ローラー使用)

刷毛塗りは手首が疲れるのでローラーで塗ります。

上塗り 2回

(2回めの上塗りは翌日行った。)

上塗り塗料:1液型油性シリコン塗料【水谷ペイント】デルニエX

ローラーでの塗装は気持ち良い感じで塗れます。仕事が目に見えていい。

それに比べて、下地処理は心が折れそうになります。

 

ここまでは過去のお話

屋根の塗装面の劣化が激しいので塗装

2020/11/7

10月中旬から天候と仕事の予定を考えながら、タイミングを伺っていました。

2014年の塗料の残りで、今回はリペア的に塗るつもりでしたが、結局全面に塗装できました。

最初に、塗装が剥がれているところにタッチアップ。

その後全面に塗装

なんとか終了

15時以降は気温が下がるので、早めに終えるように頑張りました。

 

 

コメント