使い捨てカイロで低温やけど

ブログ
スポンサーリンク

 

使い捨てカイロで低温火傷

寒い日にスポーツ観戦で、靴下に使い捨てカイロを挟んでいたところ、100円玉ぐらいの低温火傷を負ってしまいました。

 

カイロは靴下で肌に直接触れる状態で6時間位いれていましたが、全く熱さを感じることは無く、帰宅後にお風呂で気が付きました。

 

 

最初はこんな状態で、そのまま治るのかと思っていましたが、翌日には・・。

 

皮が裂けてこのとおり。

 

痛いですね~

 

ノージーは化膿するタイプでは無いので、そのまま絆創膏を貼っていました。

火傷は治りにくいと聞いていたのですが、本当ですね。

 

10日後でやっと治ってきました。

 

歳のせいか、熱さを感じないようになったのか・・・。

いや、低温火傷は本当に低温でも火傷するんですよね。

 

低温火傷の対処

 

とにかく冷やす。流水で20~30分冷やす。

(冷却スプレーや熱冷ましシートは実際には冷えませんので使わない事)

 

水ぶくれは破らない方が良い。

 

化膿しないように注意する。

 

幼児や高齢者は病院で治療を受けたほうがいいです。

 

そもそも、使い捨てカイロや湯たんぽは直接肌に触れるように使ってはいけません。

コメント