バートンの3D/4×4両対応マルチプレートは割れやすい?

スキー・スノボー
スポンサーリンク

バートンのマルチプレートはよく割れる

スノーボードのバインデングを固定するBURTON 3D/4×4両対応マルチプレートが、頻繁に割れます。そこでマルチじゃないプレートに交換しました。

最初はこれ一枚あれば3D/4Dどちらにも使えてコスパ最強でしょって、思っていましたがこれほど頻繁に割れるのであれば、使わないほうがいい感じ。

セッティングを出すときに使う場合は便利かもしれませんが、継続的に乗るには無理なものなんでしょうか?

それとも、単に乗り方が悪い?中古だから経年劣化?

なんとなくですが、バートンが頻繁に取り付けシステムを変更してきた理由が、取り付け強度不足なのかなって思ってしまいます。

Burtonは2008年からTHE CHANNELを発表し主な取り付け方法となっているようです。※固定ネジには古い初期型ですと5M、新しいタイプは6Mがあるようです。中古で購入する方は取り付けネジ寸法にも注意が必要です。

今後、バートンの新品バインを購入する方は問題ありませんが、古いボードに取り付ける方は注意が必要です。

 

コメント